D&OのグローバルプログラムGlobal Program for D&O

CUSTOMER STORY

役員賠償責任保険(D&O保険)のグルーバルプログラム

お客さまのニーズ内容

機械器具メーカーのお客さまは、海外子会社が増加したことや、外国人社外取締役を迎えるにあたり、従来から付保していた役員賠償責任保険(D&O保険)をグループ全体の保険スキームとして見直したいというニーズをお持ちでした。

【用語解説】

見直し対象保険種目

役員賠償責任保険(D&O保険)

見直し内容および提案内容

まず海外子会社の所在国の保険付保規制や送金規制の調査を行い、現地にて保険を付保する必要があるかどうかの確認をおこない、また現在付保している保険会社、保険内容の分析・整理を行ってグローバルな保険スキームを策定しました。合わせて保険会社の引受限度額、海外ネットワーク対応の調査及び評価を行い、複数の外資系保険会社から見積りを取ることとしました。

<保険スキームのイメージ>

保険スキームのイメージ

見直しの効果

全体の補償額・補償内容を2階建て(プライマリーカバーとエクセスカバー)とし、現地付保の必要な国では現地付保保険(ローカルカバー)の上乗せカバーとして機能するとともに、保険会社を1社に統一し、事故対応などの機動性を保つこととし、同時に割安でカバーの拡大を図ることが出来ました。

ご相談・お問い合わせ

お問い合わせフォーム