BUSINESS

グローバル最適保険プログラム

グローバル最適保険プログラムについて

海外拠点およびグローバルベースでの損害保険の最適化

海外オペレーションの拡大に伴って企業の抱えるリスクが多様化・複雑化するなか、当社はお客さまの主要海外拠点のリスクサーベイを通じて、海外拠点固有のリスクを分析・評価し、グローバルベースでの最適保険プログラムの構築をご支援します。

1 グローバル展開におけるリスクとは

◆海外拠点の抱えるリスクを把握されていますか?

海外拠点は、地震や洪水に代表される自然災害、取引先や合弁先からの訴訟、従業員の労務問題など、日本とは異なる様々なリスクを抱えています。万一、これらのリスクが顕在化した場合の影響は、海外拠点だけに留まらず、企業全体におよぶ恐れがあります。

2 グローバル最適保険プログラムとは

グローバル最適保険プログラムとは、海外拠点における「保険の最適化」を図ると共に、グローバルベースでのリスクを横断的にカバーする保険施策を実現することです。

3 リスクの分析手法

リスクの調査・分析結果を報告書に取りまとめてご提出します。主なリスクの分析手法は、以下のとおりです。

財物リスク

火災や落雷・風災・水災・地震等の自然災害による建物・機械設備・製品等の物的損害について分析を行います。

事業中断リスク

サプライチェーンの全体像を把握し、海外の生産拠点や販売拠点の罹災のほか、調達先や販売先の罹災による影響についても分析の対象とします。

物流リスク

原材料の調達段階、半製品の一時保管、製品の出荷などの各段階における責任の所在を明確にし、対象貨物の特性を踏まえた分析を行います。

賠償責任リスク

海外拠点毎の事業実態を検証し、製造物責任(PL)をはじめとした賠償責任リスクの分析を行います。

4 グローバル最適保険プログラム構築のプロセス

ファーストステップとして現状把握を行うために海外拠点の現行保険契約一覧表を作成し、合理化の余地や最適化の方向性について検討します。そのうえで、主要海外拠点のリスクサーベイを実施してリスク分析を行い、改めて問題点と検討課題を抽出し、これらを解決する最適保険プログラムをご提案します。また、海外拠点における保険手配に関しては、当社提携ネットワークや現地保険会社を活用してサポートします。