BUSINESS

保険仲立人業務

保険仲立人とは
(お客さまにとって最適な保険契約締結の実現に尽力する総合リスクコンサルタント)

保険仲立人とは、「保険契約者と保険会社の間に立って、契約者(お客さま)のために最適な保険契約の締結の実現に向けて尽力する者」とされ、保険会社から独立してお客さまの委託を受け、お客様のために誠実に保険契約の締結の媒介を行います。欧米における保険ブローカー(insurancebroker)と同じ機能や役割を持つ者をいいます。平成8年4月1日、保険業法の改正により保険仲立人(保険ブローカー)制度がスタートしました。この制度は、国際整合性の確保と販売チャネルの多様化ならびに競争促進による利用者利便の向上をはかる観点から、わが国に初めで導入された制度です。

保険仲立人の機能(最適商品の選定・保険商品の違いをアドバイス)

保険仲立人は、お客さまから委託を受け、お客さまのニーズに最もふさわしい保険商品を求めて保険会社から情報収集し、その中から保険商品と保険会社を選択し、保険会社から独立した存在として、お客さまのため誠実に保険募集を行わなければならないという、いわゆるベストアドバイス義務が課せられています。

一般的には、お客さま自らがすべての保険会社の保険商品を比較検討し、真に自己に必要な保険商品を選択することならびに、その保険料を比較することは非常に困難です。このため保険仲立人は、保険会社の保険商品を比較し、その相違点をアドバイスする機能と役割を担います。

さらに、特定の業種やお客さまのニーズに合致する保険商品の提供が困難な場合、それに代わる商品・仕組みを保険会社と交渉し、ニーズに合致した商品・仕組みの提供に務めることも機能のひとつです。

保険仲立人と保険代理店の違い

保険代理店が保険会社の委託を受けて保険募集を行うのに対し、保険仲立人は保険会社から独立した”お客さまサイド”に立って保険契約を媒介します。

保険仲立人と保険代理店の違い図