BUSINESS

キャプティブ(再保険会社)

キャプティブ(再保険会社)について

キャプティブとは「自社グループ専用の(再)保険会社」のことです。キャプティブを活用することで、海外拠点で手配された保険やグローバル保険プログラムも含めた「グループ全体でのリスクの保有と移転の適正化」を図ることが可能になります。

キャプティブ活用のスキーム図

キャプティブ活用のスキーム図

キャプティブ活用のメリット

キャプティブ活用によるメリットは、以下のようなものがあります。

(1)リスクコストの検証と削減
  • 再保険市場のマーケット情報入手による元受保険会社宛の価格交渉力の獲得
  • 再保険市場からの低廉な保険カバーの調達
  • 保険引受利益の獲得による自社の損害率に見合ったネットリスクコスト負担の実現
(2)リスクの集中管理と制御の強化
  • グループ各社の付保状況や保険成績の把握による全社ベースでのリスク情報の一元管理
  • 事故発生防止態勢強化への社内インセンティブの増大
(3)(再)保険会社という”器”を使ったリスクファイナンスの多様化
  • 再保険市場からの保険カバー手配を基にした元受保険契約の逆組成
  • 代替的リスク移転手法(Alternative Risk Transfer)による保険以外のリスクカバーの手配
  • キャプティブの財務力を活かした戦略的なリスクの自家保有